映画「クロサギ」


山下智久さん、堀北真希さんの共演で大ヒットした
(原案・夏原武、作画・黒丸による)
ベストセラーコミックを原作とするTVドラマの劇場版
「詐欺師だけを狙って詐欺を仕掛ける“クロサギ”の主人公は、
日本の経済界を揺るがす陰謀に巻き込まれる。」


クロサギ


家族を心中に追いやった詐欺師・御木本を追う“クロサギ”こと黒崎。
あるとき彼は、情報源である裏社会のフィクサー、桂木からの依頼で、
贈答詐欺師・石垣を新たな標的に定める。
だがやがて、知能犯係の刑事・神志名や
大企業を専門にした詐欺師・白石らもまた
石垣を追っている事実が判明する。
どうやら石垣の裏には何者かが潜んでおり、
彼らはかつて日本の経済界を揺るがした巨大詐欺を再現しようと
共謀しているらしいのだが……。



制作年/2008
内容時間/127分

監督/石井康晴
プロデュース/伊與田英徳
脚本/篠崎絵里子
撮影/原田幸治
撮影/森哲郎
音楽/山下康介
主題歌/NEWS「太陽のナミダ」
挿入歌/山下智久「抱いてセニョリータ」

(CAST)
黒崎/山下智久
吉川氷柱/堀北真希
白石陽一/加藤浩次
三島ゆかり/市川由衣
さくら/大地真央
石垣徹/竹中直人
桂木敏夫/山崎努
神志名将/哀川翔
御木本/岸部四郎
桃山哲//田山涼成
早瀬真紀子/奥貫薫
鷹尾礼二/北村有起哉
新川波江/杉田かおる
プログラマー/我修院達也
偽造手形職人/ミッキー・カーチス
蔵本俊介/石橋蓮司
さくらの父/峰岸徹
桶川レイコ/飯島直子
桶川桃花/吉田里琴
綿貫裕二郎/笑福亭鶴瓶
黒崎遼一/杉本哲太

原作漫画は未読ですが、TVドラマ版は観ていました
でも内容をすっかり忘れていて…
映画版も観たような?…コチラも健忘症です^^;
逆に忘れていたのが功を奏して?
映画「クロサギ」新鮮な気持ちで楽しめました
堀北真希さんの出演シーンが少なかったのは残念ですが
山下智久さんを存分に楽しめたので由とします(^^)
それと難病の桃花役を演じていた吉田里琴さん
(2016年4月に一時芸能界を引退したが、2017年4月から復帰し
現在の芸名・吉川愛へ改名)
吉川愛さん今活躍中の注目の女優さんですが子役時代も可愛い~♡
子役時代の吉川さんを見ることができラッキー(^_^)v

「クロサギ」は2008年に制作された映画ですが
もう浦島太郎状態で懐かしい…山下さんのTVドラマ復帰を切望!!

※山下智久さん出演予定のドラマ情報です↓
(・WOWOWの2022年春放送予定のドラマ『TOKYO VICE』に出演
・来年4月期のNHKドラマ10
ビッグコミックに連載中の人気漫画「正直不動産」を原作とした社会派ドラマで、
山下智久さんは主人公の嘘がつけなくなった不動産屋の営業マンを演じる予定)
TVドラマ放送、今から楽しみです(^^)


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2021_11_24




「さんかく窓の外側は夜」

ヤマシタトモコさんの同名コミックを
岡田将生さんと志尊淳さんのダブル主演で実写映画化
「霊が視える男」と「霊を祓える男」の
心霊探偵バディの活躍を描いたミステリー。


さんかく窓の外側は夜


書店で働く三角は幼いころから
幽霊が見えるという特異体質に悩まされていた。
ある日、書店に除霊師だという冷川が現われ、
三角は彼の「僕といれば怖くなくなりますよ」というひと言で
除霊作業の仕事を手伝うことに。
そんな中、彼らは刑事の半澤から1年前に起きた
未解決殺人事件の捜査協力を持ち掛けられる。
調査を進める冷川と三角は自殺した犯人の霊と接触。
犯人の霊を通して見た情報をもとに、2人は真相に近づいていくが…。



制作年/2021
内容時間/103分

監督/森ガキ侑大
原作/ヤマシタトモコ
脚本/相沢友子
撮影/近藤哲也
音楽/山口由馬
主題歌/ずっと真夜中でいいのに。「暗く黒く」

(CAST)
冷川理人/岡田将生
三角康介/志尊淳
非浦英莉可/平手友梨奈
非浦松男/マキタスポーツ
三角則子/和久井映見
石黒哲哉/筒井道隆
半澤日路輝/滝藤賢一
半澤冴子/桜井ユキ
石井慶子/北川景子
逆木一臣/新納慎也


原作は未読ですが、TVアニメ版は観ています(BSフジで放送中)
アニメが面白いので映画も観てみたいな!?と
WOWOWで放送された際、HDDに録画して観ました

主役の二人が私のイメージとは少し違いましたが
でも、冷川理人役の岡田将生さん
三角康介役の志尊淳さんは良かったですよ
(イメージと違ったのは演出や脚本のせい?)
非浦英莉可役の平手友梨奈さんと
半澤役の滝藤賢一はイメージとピッタリでした
特に平手さんの独特な雰囲気いいですね~

私が気になった演出や脚本は、短い尺に無理に合わせた?
でも先にアニメ版を観たからそう感じたのかも?
映画が先ならそれはそれで楽しめたと思います
ただ、お決まりのラストはナシでもよかったかな?
第二弾!続編制作するなら非浦英莉可のラストシーン全然OKですが
続編予定ありますかね?

ところで
北川景子さんがカメオ出演で…もっと登場シーンがあると思っていた
ホワイトボードに貼られた写真での再登場
なんと贅沢なキャスティング!


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2021_11_17




「今日子と修一の場合」


映画「風の外側」、ドラマW「ビート」など、
監督としても活躍する俳優・奥田瑛二が、
実の娘でもある安藤サクラと
夫の個性派俳優・柄本佑の夫婦を
主演に迎えて手がけたヒューマンドラマ。


今日子と修一の場合


宮城県南三陸町を故郷に持つ今日子と修一。
今日子は病に倒れた夫に代わり、保険外交員の職に就くが、
営業不振で追い詰められ、やむなく上司や顧客に体を提供する。
だがその事実が家族に発覚、彼女は追われるように単身上京することに。
一方、修一は父の暴力から母を守ろうとして事件を起こし、少年刑務所に服役する。
出所した彼は東京の工場で働き出すが、消せない過去に苦しめられる。
そんなとき、東日本大震災が発生し……。



制作年/2013
内容時間/136分

監督/奥田瑛二
プロデューサー/大日方教史
脚本/奥田瑛二
撮影/灰原隆裕
音楽/稲本響

(CAST)
今日子/安藤サクラ
修一/柄本佑
和田聰宏
小篠恵奈
宮崎美子
平田満
和音匠


「今日子と修一の場合」、だいぶ前に観た映画ですが
感想をまとめることができず放置?していました^^;
このままだと年を越えそうなので…観た履歴を残すため
UPすることにしましたが…やはり感想がまとまらない…

主演は、安藤サクラさん、柄本佑さんご夫妻で
安藤サクラさんの父親、奥田瑛二さんが監督・脚本
スタッフとして安藤和津さんも参加されていたようなので
本作は奥田ファミリーで撮った映画ですね

奥田瑛二監督が描きたかったのが何なのか!?
私の頭ではいまだに理解出来ず
東日本大震災という未曾有の災害の前後で
今日子と修一が体験した物語を描いているのですが
今日子のとった行動が私には良く分からなかった
いくら気が動転していたとしてもアレはないでしょう?
(ネタバレになるので詳細は書けませんが)
そこでは私の思考が止まってしまい…

被災地の映像が心に残る作品だったので
奥田監督が撮りたかったのは
その当時の被災地の現状を(風景を)
映画の中に残しておきたかったのかな!?


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2021_11_16




「騙し絵の牙」


出版社が舞台の塩田武士さんの同名小説を
大泉洋さん、松岡茉優さん、佐藤浩市さんなどオールスター共演で
吉田大八監督が映画化


「騙し絵の牙」


実家が小さな書店である高野は、
大手出版社・薫風社の文芸雑誌“小説薫風”の新人編集者。
小説好きの高野だったが同社のカルチャー誌
“トリニティ”の編集部に転属となり、
その編集長・速水が上司になる。
直前、同社は先代の社長が急逝し、
新社長の座を狙う専務の東松は
速水に“トリニティ”を売れる雑誌に生まれ変わらせるよう指示。
速水は人気ファッションモデルの城島咲に連載を依頼するなど、
大胆不敵な誌面改革に挑むが…。



制作年/2021
内容時間/113分

監督/吉田大八
原作/塩田武士
脚本/楠野一郎
脚本/吉田大八
撮影/町田博
音楽/LITE

(CAST)
速水輝/大泉洋
高野恵/松岡茉優
東松龍司/佐藤浩市
矢代聖/宮沢氷魚
城島咲/池田エライザ
郡司一/斎藤工
伊庭惟高/中村倫也
二階堂大作/國村隼
江波百合子/木村佳乃
久谷ありさ/小林聡美


大泉洋さんが出演されるのでコメディーだと思い込んで観ましたが
…決めつけは行けませんね(反省)
原作者が『罪の声』の塩田武士さんだと知り納得
“大泉洋さん=お笑い!”は私の偏見でした(またまた反省)
大泉さん(お笑い以外の)素晴らしい作品に多数出演されていますものね

「騙し絵の牙」面白かったのですがタイトルに少々違和感が
確かに騙し合いの感はありましたが
このタイトルを見て私が一番に頭に浮んだのは“浮世絵”
何故だか分かりませんが高橋克彦さんの浮世絵ミステリーもの?
『春信殺人事件』とか『歌麿殺贋事件』など…
でも全然違いました…出版業界の闇?裏側を描いた作品でした
どんどん話が転がっていくので(騙し)先を読めない面白さはありましたが
ラストも結構スッキリで私好みでしたし…でも
私としては大泉洋さんのコミカルな面をもっと見たかったです(しつこい私!^^;)


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2021_11_15




「新解釈・三國志」


ドラマ&映画「今日から俺は!!」ほか、
ヒット作を次々と送り出す福田監督がオリジナル脚本も手掛け、
俳優としての確固たる地位を確立した大泉を主演に、新たな解釈の「三國志」を描く。
今作のメインとなるのはジョン・ウー監督の「レッドクリフ」でも描かれた“赤壁の戦い”。
大泉が演じる劉備ほか、曹操役の小栗、孔明役のムロツヨシ、周瑜役の賀来賢人など、
これまでに福田監督作品に出演したおなじみの豪華な俳優たちが集結し、
ボケてはツッコむという福田ワールドを展開させ、クスクス笑いを誘うのが楽しい。
~WOWOWより~


新解釈・三国志


魏・蜀・呉が群雄割拠していた三国時代。
民の平穏を願い、後に英雄と呼ばれる男・劉備が立ち上がる。
彼は義兄弟の杯を交わした仲間たちとともに乱世の中で次第に実力を付けていく。
そして、劉備は新たな軍師として孔明を迎える。
だが、敵対する曹操は圧倒的な統率力で大国・魏を築き上げていた。
劉備は呉を建国した孫権の下にいて、知略にたけ容姿端麗な周瑜と手を組み、
“赤壁”で曹操が率いる80万の軍と戦いに挑むことになる。



制作年/2020
内容時間/114分

監督/福田雄一
脚本/福田雄一
撮影/鈴木靖之
音楽/瀬川英史

(CAST)
劉備/大泉洋
曹操/小栗旬
周瑜/賀来賢人
黄夫人/橋本環奈
趙雲/岩田剛典
孫権/岡田健史
孔明/ムロツヨシ
関羽/橋本さとし
張飛/高橋努


福田監督作品が大好きなので本作も期待して観ました(^^)
なんとも言えない笑いの世界を堪能させてもらえましたが
本来の?『三国志』に怒られないのかな?と少々心配に…^^;
黄夫人役の橋本環奈さんが可愛いので許してくれますかね?

内容はほぼナシの笑うためだけの映画です
でも私はこのノリが大好きなので
福田雄一監督の次回作も楽しみです(^^)
…過去の作品でもいいのですが
TVドラマ『勇者ヨシヒコ』や『アオイホノオ』をもう一度観たい!



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2021_11_13




10  « 2021_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.