「オートクチュール」


「オートクチュール」


世界屈指の高級ファッションブランド〈ディオール〉のアトリエを舞台に、
まるで好対照な2人の女性の意外な交流を、
N・バイ&L・クードリの共演で爽やかに描いた感動作。


オートクチュール


世界屈指の高級ブランド〈ディオール〉のアトリエの責任者のエステル。
高級仕立服の縫製を長年手掛けてきた彼女だったが、
次のコレクションを最後に、お針子の仕事から引退することが決まっていた。
そんなある日、彼女は、地下鉄の通路でハンドバッグを引っ手繰られてしまう。
後日、バッグを彼女に返しに現われたのは、移民2世の不良少女ジャド。
指先が器用そうなジャドを見たエステルは、
アトリエで働かないかと彼女を誘う。



原題/Haute couture
制作年/2021
制作国/フランス
内容時間/101分

監督/シルヴィ・オハヨン
製作/オリヴィエ・P・カーン
脚本/シルヴィ・オハヨン
撮影/ジョルジュ・ルシャプトワ
音楽/パスカル・ランガニュ


(CAST)
エステル/ナタリー・バイ
ジャド/リナ・クードリ
ミュミュ/クロチルド・クロ
カトリーヌ/パスカル・アルビロ
アンドレ/クロード・ペロン


ディオール・コレクションの縫製を手掛ける
そのお針子達のアトリエが主に描かれているのだが
その背景には移民問題、人種差別、家族の問題(ヤングケアラー?)
様々な要素が絡まり単なるファッション映画ではなかった
やや社会派よりの映画?
フランスの上流階級と低層で生きる人々との格差
嫉妬や妬みによる虐めや嫌がらせ(パワハラ?)等々

エステルとジャドの口喧嘩にはうんざりでしたが
エステルがそれでもジャドに歩み寄り
自分の持てる技術を伝えていく
ジャドはそんなエステルに次第に心を開き信頼を寄せていく
ステキな映画でした

それにしても裁縫のシーンは本当に素晴らしかった
ディオールの幻のドレスや貴重なスケッチ画など
シルクやレースのドレスを縫うシーンを見られただけでも
本作「オートクチュール」を観て大正解!

テーマ: 洋画 | ジャンル: 映画

「エリザベス2世~英国と生きた女王 96年の軌跡~」


「エリザベス2世~英国と生きた女王 96年の軌跡~」


イギリス史上最長在位の君主・エリザベス2世に捧げるBBC製作のドキュメンタリー。生前の映像や著名人のインタビューを交え、エリザベス女王の生涯を振り返る。


エリザベスⅡ世


2015年9月9日に在位期間が63年と216日になり、
英国史上最長在位の君主となった女王、エリザベス2世。
96歳で崩御するまで70年以上も女王の座についたが、
従来と異なり、“開かれた王室”を意識し、多くの英国民から愛され続けた。
BBCが崩御の翌日、9月9日に放送した本作を日本初放送。
エリザベス2世が残した多数の功績のみならず、
在位期間中に王室を見舞ったトラブルや歴史的出来事も幅広く網羅し、
優れた伝記ドキュメンタリーとなっている。少女時代から晩年まで、
生前のエリザベス2世を記録した貴重な映像をたっぷりと使い、
その長男である現在の国王チャールズ3世、
トニー・ブレア元首相、ボリス・ジョンソン元首相など、
エリザベス2世をよく知る著名人たちへのインタビューもふんだんに交えて、
母として、女王として生きた彼女の生涯を振り返る。



制作国/イギリス(BBC製作)
制作年/2022年

(出演)
チャールズ3世
ボリス・ジョンソン
トニー・ブレア

1926年4月21日、後の国王ジョージ6世とエリザベスの間に生まれた
長女エリザベス2世は1936年、父の即位により王位継承権者第1位になる。
1947年にフィリップ・マウントバッテンとロンドンのウェストミンスター寺院で結婚。1952年、ジョージ6世の崩御を受け、エリザベス2世は女王となる。
一方、母親として長男チャールズ(後の国王チャールズ3世)、長女アン、
次男アンドルー、三男エドワードという4人を産んで育てる。
1969年にBBCが放送したドキュメンタリーをきっかけに、
国民は王室に親しみを抱くようになり、“開かれた王室”を通じて
国民から愛されることを目指した。
しかし成長した子どもたちによるスキャンダルに悩むことも多かった。
~WOWOWより~

2022年6月在位70周年を祝うプラチナジュビリーの
記念式典をテレビの前で観ていたので
まさかその3ヶ月後の9月に崩御されるとは…
イギリスのみならず世界中から愛された女王でした

エリザベス女王の父でもあるジョージ6世については
『英国王のスピーチ』を観て知ってはいたのですが
本作ドキュメンタリーを観て“エリザベスのお父さん!?”と再認識しました
恥ずかしながら英連邦についても
カナダやオーストラリアが加盟していることは知っていましたが
56ケ国もの加盟国があることにビックリ!(なんと無知な私^^;)
「エリザベス2世~英国と生きた女王 96年の軌跡~」とても勉強になりました

テーマ: ドキュメンタリー映画 | ジャンル: 映画

「ヴァンゲリス、そしてイタキへの旅」


「ヴァンゲリス、そしてイタキへの旅」(2013)


数々の音楽で映画史に、そしてロック史に
大きくその名を刻んだヴァンゲリス。
彼のスタジオにもカメラが入り、
創作の源を探求するドキュメンタリー!


ヴァンゲリス


感動的なメインテーマで知られる『炎のランナー』をはじめ
『ブレードランナー』『1492 コロンブス』『南極物語』など
数々の映画の音楽を手掛け、『炎のランナー』では
アカデミー作曲賞に輝いた作曲家でシンセサイザー奏者のヴァンゲリス。
惜しくも2022年5月17日に亡くなった彼の音楽と人間像に迫る
ドキュメンタリーを放送・配信する。
(WOWOWにて2月24日に再放送予定)
映画音楽に加え、舞台音楽やNASAの探査プロジェクトに触発された作品、
オリンピックやFIFAワールドカップの音楽など幅広い分野で活躍し、
プログレッシブ・ロックのレジェンドとしても知られる
ヴァンゲリスの音楽はどのようにして生まれたのか。
ギリシャにある彼のスタジオでの様子や本人のインタビューはもちろん、
コラボレートした映画監督、共作を数多く発表した
イエスのジョン・アンダーソン、
共演した世界的ソプラノ歌手のジェシー・ノーマンと
キャスリーン・バトルらのインタビューなど、
見応えたっぷりの音楽ドキュメンタリーだ。



原題/「Vangelis And The Journey To Ithaka」
制作年/2013年

監督/トニー・パーマー
音楽/ヴァンゲリス

(出演)
ヴァンゲリス
ヒュー・ハドソン(「炎のランナー」)
リドリー・スコット(「ブレードランナー」「1492 コロンブス」)
ロマン・ポランスキー(「赤い航路」)
オリヴァー・ストーン(「アレキサンダー」)
ジョン・アンダーソン(YES) 他


私は『炎のランナー』を観てヴァンゲリスの音楽にひと聴き惚れしました♪
映画の内容ももちろん面白かったのですが
音楽が本当に素晴らしくメインテーマは耳タコ?になるほど聴いた(笑)

「ヴァンゲリス、そしてイタキへの旅」では
ヴァンゲリスが音楽をどのように生みだしているのかが垣間見れる
(作曲ではなく、正しく“生み出して”いました)
楽譜が読めない(書けない)ので作曲はシンセサイザーを演奏しながら
彼の指先から流れるように生み出されていく
なので私が持っているヴァンゲルスのピアノ譜は
採譜専門の女性が演奏家のために採譜した楽譜でした

ヴァンゲリスはまるで現代版モーツアルトのよう!
映像を観て=音楽が現れる!奇跡のような作曲法です
※余談ですが、私は幼い頃からピアノを習い今も弾き続けていますが
楽譜がないと何も弾けない病に罹患!?(笑)
作曲や編曲の際も楽譜に書かないとダメ人間なんです^^;

ヴァンゲルスだけでなく、音楽を専門で学んでない優れた音楽家は多い!
『ビートルズ』の4人も楽譜は読めませんが数々の名曲を生みだし
音楽界に革命をもたらしました

ヴァンゲリスの凄いところは音楽だけでなく
画家としても素晴らしい作品を多く残していること
生まれつきの芸術家ですね
自身が感じたことは全て音楽や絵画で表現でき
その全てが宝物のような名作揃い!本当に凄すぎです!

映画の冒頭とエンディングで挿入されていた
アテネのゼウス神殿で催されたライブイベント「Mythodea」は圧巻でした
キャスリーン・バトルやジェシー・ノーマンの参加にもビックリ!
「MYTHODEA~ミュージック・フォー・ザ・NASA ミッション:2001 マーズ・オデッセイ」
↑上記のタイトルで2005年にDVD化され発売されています

「ヴァンゲリス、そしてイタキへの旅」
最初から最後までとても興味深く観ました
秀作ドキュメント面白かったです

テーマ: ドキュメンタリー映画 | ジャンル: 映画

「氷上の王、ジョン・カリー」


「氷上の王、ジョン・カリー」


時代に先駆けてアイススケートを
芸術の域にまで昇華させた孤高の天才、J・カリー。
1994年、44歳で短い生涯を閉じた彼の人生の
光と影に迫った秀作ドキュメンタリー。


ジョン・カーリー


1949年、イギリス生まれのカリー。
7歳のころからスケートを始め、バレエの要素を取り入れた
その豊かな表現力と芸術性で頭角を現わした彼は、
アイススケートを単なるスポーツから芸術の域にまで高め
幅広く活躍した英国の伝説的スケーター。
1976年冬季五輪フィギュアスケート男子シングルで
みごと金メダルに輝いた彼は、
その後、自らのカンパニーを設立して、
NYのブロードウェイやメトロポリタン歌劇場で
初のアイスショー公演を催し、絶賛を博すなど、
〈氷上の王〉として君臨。
その一方、ゲイとして世間の偏見や差別に苦しみ、
1994年、エイズで早逝する運命に。
そんな彼の知られざる人生の光と闇に迫る。


原題/The Ice King
制作年/2018年
制作国/イギリス
内容時間/89分

監督/ジェームズ・エルスキン
製作/ジェームズ・エルスキン
製作/ヴィクトリア・グレゴリー
脚本/ジェームズ・エルスキン
音楽/スチュアート・ハンコック

(出演)
ジョン・カリー
ディック・バトン
ロビン・カズンズ
ジョニー・ウィアー
イアン・ロレッロ


ジョン・カーリーが金メダルを受賞したオリンピックを覚えていなくて
(リアルタイムで観ていたはずですが…^^;)
調べてみました
1976年インスブルックオリンピック男子シングル金メダリスト
ちなみに1972年札幌オリンピックにも出場しており11位でした

今でこそフィギュアスケートは芸術点も重視されていますが
ジョン・カーリー以前は?芸術性が逆にマイナス要素に!?
男らしい滑りが求められ…それにはビックリでしたね

ジョン・カーリーのスケートは本当に美しい
特にホームビデオで撮影された『ムーンスケート』には
ジャンプもスピンもありませんが心打たれました
(画像は粗くても美しさは伝わりました)


それにしてもインタビューや新聞記事などマスコミの対応はホントに酷い
競技とは関係ないプライベイトな質問をした上
ゲイですか?と聞くインタビュアーの質の悪さにうんざり
質問を受けているジョン・カーリーが本当に気の毒でした
今でもマスコミの対応にうんざりさせられることが少なからずあり
(スポーツ界だけでなく様々な面で…)
映画を観ながら色々と考えさせられました

一人のフィギュアスケーターの生涯を描いた秀作ドキュメンタリー
とても興味深く面白かったです

テーマ: 洋画 | ジャンル: 映画

「泣くな赤鬼」


「泣くな赤鬼」


重松清さんの短編小説を堤真一さん、柳楽優弥さんらの共演で
兼重淳監督が映画化映画化した感動作。


泣くな赤鬼


高校教師の小渕はかつて“赤鬼”と呼ばれ、
甲子園出場を目指す強豪校で野球部の監督をしていたが、
10年経った今では野球への情熱も薄れつつあった。
ある日、小渕はかつての教え子で“ゴルゴ”と呼ばれた智之と病院で再会する。
彼は野球の才能に恵まれながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。
その後、智之の妻・雪乃が小渕のもとを訪れ、
智之が末期のがんで余命いくばくもないことを告げ……。



制作年/2019
内容時間/112分

監督/兼重淳
原作/重松清『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」
脚本/上平満
脚本/兼重淳
撮影/向後光徳
音楽/Di’ll
主題歌/竹原ピストル「おーい! おーい!!」


(CAST)
小渕隆/堤真一
斎藤智之/柳楽優弥
斎藤雪乃/川栄李奈
和田圭吾/竜星涼
斎藤智美/キムラ緑子
小渕陽子/麻生祐未
高校時代の斎藤智之(ゴルゴ)/堀家一希
高校時代の和田圭吾/武藤潤


重松清さん原作なので涙腺崩壊は覚悟していましたが
予想通り (T_T) 涙腺崩壊しました

柳楽優弥さん演じる智之は
思っていることを上手く表現できない少年で
その繊細な心の内を熱血赤鬼には理解するのが難しい!?
でも再会した赤鬼が智之の思いを汲み取り
最後の願いを叶えてあげた
そのことで智之は高校時代のライバル和田とも会うことができ
二人の凝り固まっていた過去への思いが解放されたように感じました
智之のお蔭で赤鬼もやる気のある監督として再スタートできたのも良かった
(和田は『ちむどんどん』のにぃにぃ(兄)役の竜星涼さんでした)

赤鬼役の堤真一さん、智之役の柳楽優弥さんの演技力は流石です
特に柳楽優弥さんは一見大雑把に演じているように見えるけど
繊細な心情表現が本当に素晴らしかった
智之の妻・雪乃役の川栄李奈さんも良かったです

とても心に響く映画でした
涙腺崩壊でしたが面白かったです

テーマ: 邦画 | ジャンル: 映画