映画「カメラを止めるな!」


映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ
「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で
予算300万円のインディーズ映画ながら
国内及び海外の映画賞を数々受賞


カメラを止めるな!

人里離れた山の中で、自主映画の撮影クルーが
ゾンビ映画の撮影を行っている。
リアリティーを求める監督の要求はエスカレートし、
なかなかOKの声はかからず、テイク数は42を数えていた。
その時、彼らは本物のゾンビの襲撃を受け、
大興奮した監督がカメラを回し続ける一方、
撮影クルーは次々とゾンビ化していき……。


制作年/2017年
上映時間/96分

監督/上田慎一郎
脚本/上田慎一郎
プロデューサー/市橋浩治
撮影/曽根剛
編集/上田慎一郎
音楽/永井カイル
主題歌/鈴木伸宏・伊藤翔磨
エンディング曲/「Keep Rolling」謙遜ラヴァーズ feat.山本真由美

(CAST)
日暮隆之(映画監督)/濱津隆之
日暮真央(監督の娘・大学生)/真魚
日暮晴美(監督の妻・元女優)/しゅはまはるみ
松本逢花(ドラマの主演女優)/秋山ゆずき
神谷和明(ドラマの男優)/長屋和彰
細田学(ドラマのカメラマン役)/細井学
山ノ内洋(ドラマの助監督役)/市原洋
山越俊助(ドラマの録音マン役) /山崎俊太郎
古沢真一郎(ゾンビチャンネルのラインプロデューサー)/大澤真一郎
笹原芳子(ゾンビチャンネルのテレビプロデューサー)/竹原芳子


上映当初は2館の映画館で公開されたのですが
映画の斬新な面白さがSNSの口コミで広がり
上映館数を爆発的に増やし大ヒットした映画
私もSNSでの評判を見て「カメラを止めるな!」を
劇場で観るつもりでしたがチケットが取れず・・・
結局劇場では観ることが出来なかった(>_<)
でも嬉しいことにTVでノーカット放送されたので
HDDに予約録画してやっと観ることができ嬉しかった~♡
映画「カメラを止めるな!」想像していた以上に面白かったです!
ラストまで見終えた後、最初のシーンが気になり2回続けて観ました!

正しく「カメラを止めるな!」でしたね
TV放送の際、上田監督や出演者の皆さんが
『ゾンビ映画が苦手な方もお願いですから
チャンネルを変えずに最後まで観てください!』って
何度も何度も懇願?していましたが
私からもこれからご覧になる方に声を大にして言いたいです
『エンディングロールまで観ないとこの映画の面白さは伝わりません
なので最後まで観てください!!』



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_05_20




映画「L-エル-」


Acid Black Cherryの同名コンセプトアルバムをベースに、
広瀬アリスさん主演で下山天監督が映画化。


L-エル-


エルは“色のない街”で生まれ、両親に愛情を注がれて育ってきた。
だが両親の突然の事故死によって、彼女の運命は大きく変わる。
悲しみに打ちひしがれるエルを得意の絵で元気づけたのは、
幼なじみの画家オヴェスだった。
そしてエルはある選択を迫られ、突然故郷を旅立つことになり、
2人は離れ離れになる。
エルは都会の町で劇団青年、キャバレーで働くアンナ、
パン店の主人などと出会い、波乱の人生を歩んでいくが…。



制作年/2016
内容時間/107分

監督/下山天
原作/Acid Black Cherryアルバム『L -エル-』
脚本/下山天
脚本/阿久津朋子
撮影/清川耕史
音楽/吉川清之

(CAST)
エル/広瀬アリス
オヴェス/古川雄輝
アンナ/高橋メアリージュン
劇団青年/平岡祐太
オーナー/前川泰之
パン店の主人/成田凌
リノ/古畑星夏


Acid Black Cherryのコンセプトアルバム「L」を実写映画化

ABCのアルバム「L」は聴いたことがないのですが
映画の中で使われていた曲は面白かったです
特に黒猫でのダンス曲が良かった♪
ただ内容が暗すぎて・・・まるで『嫌われ松子の一生』!?

エル役の広瀬アリスさんが可愛かったのと
アンナ役の高橋メアリージュンさんの演技が良かった


古川雄輝さんが演じたオヴェス以外の
登場する男性陣が酷いやつばかりで・・・
ABCの歌うLの世界観はどうなっているのかしら?
酷い男達に翻弄された哀しい女性の人生を歌っている?

ラストシーンではジャン・ジオノの『木を植えた男』や
アニメ『さよならの朝に約束の花をかざろう』を彷彿とさせ
ファンタジーの世界に引き戻してくれましたが
エルの人生があまりに過酷だったので
最後に夢を見させてくれたのかな?
その辺を確認するためアルバム「L」を聴きたくなりました♪




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_05_19




映画「サクラダリセット 前篇・後篇」


野村周平さんと黒島結菜さんが共演した
SF青春ミステリー「サクラダリセット」


「サクラダリセット・前篇」
サクラダリセット前編

超能力者が集う街・咲良田。
世界が改変されても、もとの記憶を忘れない
“記憶保持”の力を持つ少年・ケイと、
世界を最大3日分巻き戻せるが、
自分の記憶も戻ってしまう“リセット”能力者の少女・春埼。
ともに行動することで過去の改変が可能な2人は、
超能力者を統率する公的機関・管理局の下で人々を救っていた。
一方、ケイはかつてリセットがきっかけで
同級生だった相麻菫を死なせたことへの
自責の念を持ち続けていたが……。


「サクラダリセット・後篇」
サクラダリセット後篇

ケイと春埼は、さまざまな能力者たちの力を組み合わせ、
ついに2年前命を落としたかつての同級生・相麻菫を復活させた。
だがそれを境に、秩序を保っていた咲良田のいたるところで
能力の暴発事件が発生する。
一方、管理局の対策室室長・浦地は、
咲良田から能力を消す“一掃計画”を発動。
記憶操作により誰もが能力の使い方を忘れ、
そもそも能力があったことすら忘れてしまった。
ただひとり、“記憶保持”の力を持つケイを除いて。



制作年/2017年
内容時間/前篇:104分、後篇:126分

監督/深川栄洋
脚本/深川栄洋
撮影/清久素延
音楽/河野伸
主題歌/flumpool「ラストコール」(前篇)
        「ナミダリセット」(後篇)

(CAST)
浅井ケイ/野村周平
春埼美空/黒島結菜
相麻菫/平祐奈
中野智樹/伊藤健太郎
村瀬陽香/玉城ティナ
岡絵里/恒松祐里
加賀谷/丸山智己
索引さん/中島亜梨沙
津島信太郎/吉沢悠
(前篇のみ)
魔女/加賀まりこ
佐々野/大石吾朗
(後篇のみ)
浅井陽子/八木亜希子
浦地正宗/及川光博


ドラマ『アシガール』で共演していたお二人
黒島結菜さんと伊藤健太郎が出演していたので
映画「サクラダリセット」を観ました

河野裕さん原作の小説は未読です
なので前情報無しで(SFだとは知らずに)
タイトルから青春学園ものだと勝手に思い込み・・・^^;
でもただの青春学園ものではなく
ファンタジー&サスペンスもプラスされていて
思っていた以上に楽しめました(^^)
小説ではどう描かれているのか気になったので
原作小説も読んでみたいです



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_05_15




映画「湯を沸かすほどの熱い愛 」


宮沢りえさん主演映画
今注目の若手女優・杉咲花さんが
宮沢りえさんの娘役で出演しています


湯を沸かすほどの熱い愛


夫の幸野一浩とともに銭湯を営んできた双葉。
ところが1年前、一浩が不意にどこかへ蒸発。
やむなく双葉は銭湯を休業し、パートの仕事をしながら、
中学生の娘・安澄を養育していた。
そんなある日、双葉はがんで余命2カ月と宣告され、ショックを受ける。
けれども彼女は、けなげに振る舞い、
夫を家に連れ戻して銭湯を再開させ、
いじめに遭い登校拒否寸前となっていた娘を励まして通学させるなど、
家族の再建に懸命に取り組んでいく。



制作年/2016年
内容時間/126分

監督/中野量太
脚本/中野量太
撮影/池内義浩
音楽/渡邊崇

(CAST)
幸野双葉/宮沢りえ
幸野安澄/杉咲花
幸野一浩/オダギリジョー
酒巻君江/篠原ゆき子
向井拓海/松坂桃李


タイトル通りの映画でした
余命2ヶ月と宣告された双葉が
残される娘や家族のため
自らの余生を捧げる熱い愛の物語


安澄の手話のエピソードシーンで号泣
でもラストのお風呂のシーン・・・それはないでしょう?とダメ出し
私だったら絶対にやらないなと思うことが
映画では感動的に描かれており・・・
でも心に響くシーンもあり涙が溢れてくる・・・
感動とダメ出しが入り交じった映画でした^^;

内容は?になる箇所も多々ありましたが
宮沢りえさんと杉咲花さんの演技力に拍手(パチパチ)
特に双葉の闘病シーンがリアルで凄かった
安澄役の花さんもホント上手いです
お二人の演技を見ることが出来ただけでも
この映画を観る価値あり!ですね



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_05_14




映画「ワンダフルライフ」


是枝裕和監督が不思議な設定で描いた監督第2作。


ワンダフルライフ


月曜日。
霧に包まれた古い建物に22人の老若男女が集結し、
そこで職員からこう説明される。
「あなたがたは昨日亡くなりました。
ここにいる7日間のうちにあなたの人生を振り返って、
大切な思い出を一つだけ選んでください」と。
選ばれた思い出は職員たちの手で撮影され、
最終日には上映会が開かれる手はずが整っていた。
かくして彼ら22人は職員の望月や川嶋らとの個別面談に入り、
自分の大切な思い出をそれぞれ振り返っていく。



制作年/1999年
内容時間/119分


監督/是枝裕和
脚本/是枝裕和
撮影/山崎裕
音楽/笠松泰洋

(CAST)
望月隆/井浦新
里中しおり/小田エリカ
川嶋さとる/寺島進
杉江卓郎/内藤剛志
中村健之助/谷啓
伊勢谷友介/伊勢谷友介
庄田義助/由利徹
守衛/横山あきお
西村キヨ/原ひさ子
天野信子/白川和子
吉野香奈/吉野紗香
山本賢司/志賀廣太郎
渡辺京子/香川京子、石堂夏央(青春時代)
渡辺一朗/内藤武敏、阿部サダヲ(青春時代)
食堂係/山口美也子、木村多江


1999年に制作された映画なので
出演者の皆さんを見ているだけでも楽しめます!

阿部サダヲさんや木村多江さんがちょい役?
今なら!?とても贅沢なキャスティング

吉野紗香さんも懐かしい~
吉野さんが出演していたドラマ『それが答えだ!』を
もう一度見たくなりました

本作が俳優デビューとなった
井浦新さんと伊勢谷友介さん
井浦さんはなんと初映画で初主演です!
伊勢谷友介さんは役名も伊勢谷友介になっている
本名で出演したんですね


死んでから死後の世界へと旅立つまでの1週間で
「貴方の一番大切な思い出を1つだけ選んでください。」
22人の大切な思い出を聴き取り映像化するという
不思議感漂うファンタジー映画でしたが
インタビューのシーンでは
役者さんの素の部分が垣間見える演出で
まるでドキュメンタリー映画のような
静謐で美しい物語でした



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_05_13




04  « 2019_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.