「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」

Category: 映画 > ・洋画  


映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」


1匹の野良猫との出会いをきっかけに次第に立ち直り、
生きる希望を取り戻していくことに
そんな自らの実体験を書き綴り
世界中で大ベストセラーになったJ・ボーエンのノンフィクションを
R・スポティスウッド監督が映画化。


「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」MOVIE


ロンドンでプロのミュージシャンを目指すも挫折し、
ホームレスとなった青年のジェームズ。
薬物依存からも抜け出せず、
その日の食事にも事欠くどん底の日々を送っていた彼は、
ソーシャルワーカーのおかげでようやく
アパートの部屋に入居することができた上、
そこへ迷い込んできた野良猫とすっかり意気投合。
ボブと名付けた猫を肩に乗せて
路上で演奏するジェームズの姿が評判を呼び、
次第に彼の人生は、上向きに転じるようになる。



原題/A Street Cat Named Bob
制作年/2016
制作国/イギリス
内容時間/103分

監督/ロジャー・スポティスウッド
製作/アダム・ローストン
脚本/ティム・ジョン
脚本/マリア・ネイション
撮影/ピーター・ウンストーフ
音楽/デヴィッド・ハーシュフェルダー

(CAST)
ジェームズ・ボーエン/ルーク・トレッダウェイ
ベティ/ルタ・ゲドミンタス
ヴァル/ジョアンヌ・フロガット
ジャック・ボーエン/アンソニー・ヘッド
メアリー/キャロライン・グッドオール



映画の原作『ボブという名のストリート・キャット』


ボブという名のストリートキャット BOOK


ロンドンでプロのミュージシャンを志したものの
様々な困難に遭い路上生活者となった青年ジェームズ。
人生に目的も目標も持てないまま
いつまでもヘロイン中毒から抜けだせずにいた。
そんな彼の前に突然現れた、一匹の野良猫ボブ。
ホームレスの青年と野良猫の友情物語。



映画の冒頭が暗いイメージだったので
他のことをしながら見ていたのですが…
ボブが登場してからはボブから目が離せず
最後まで集中して観ました(^^)

ボブの名演技に拍手!(パチパチパチ)
ボブに癒されました~♡


主人公はヘロイン中毒で路上生活者のジェームズ
ジェームズが怪我をした迷い猫を助け
最初は猫の飼い主を探していたジェームズですが
ジェームズの側から離れない猫を
ボブと名付けて自分で飼うことに
そんなボブがいつの間にか大切な相棒となり
路上で歌う時も、雑誌を売る時も
いつもジェームズの側に(肩に)ボブがいた
そのシーンは何度でも繰り返し見たくなる!
ボブの表情がとてもいいのよね

猫好きさんにお薦めの映画ですが
素晴らしいヒューマンストーリーなので、それも実話
猫にあまり興味が無い方でも楽しめると思います(^_-)-☆

ちなみに、ボブ本人(本猫?)が出演しています。
原作表紙のボブの方が映画ポスターのボブより若いです(=^・^=)



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2018_09_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.