「美しい星」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「美しい星」

三島由紀夫のSF小説「美しい星」を
吉田大八監督が実写映画化。


美しい星


当たらない気象予報士の重一郎を一家の長に、
専業主婦の妻・伊余子とフリーターの息子・一雄、
大学生の娘・暁子の大杉一家は、
小さな問題を抱えながらも平凡に暮らしていた。
そんなある日、重一郎は運転中に不思議な光に包まれ、
自分が火星人であることを確信する。
同じように、伊余子を除いて一雄は水星人、
暁子は金星人だと“覚醒”していた。
目覚めし彼らは、それぞれが
美しい星・地球を救う使命のため行動を始めるが…。



制作年/2017
内容時間/129分

監督/吉田大八
脚本/吉田大八
脚本/甲斐聖太郎
撮影/近藤龍人
音楽/渡邊琢磨

(CAST)
大杉重一郎/リリー・フランキー
大杉一雄/亀梨和也
大杉暁子/橋本愛
大杉伊余子/中嶋朋子
黒木克己/佐々木蔵之介
今野彰/羽場裕一



三島由紀夫原作のSF小説「美しい星」


美しい星 BOOK


自分たちは他の天体から飛来した
宇宙人であるという意識に目覚めた一家を中心に、
核時代の人類滅亡の不安をみごとに捉えた異色作。



三島由紀夫さん原作の「美しい星」は未読です。


映画「美しい星」、キャストが良かった
タイトルから浮かんだイメージとは少し違いましたが
思っていた以上に面白かったです。
内容がではなく、リリー・フランキーさんが^_^;
私が感じた「美しい星」の一番の見どころは
リリー・フランキーさんの決めポーズ!
真面目な顔でこのポーズを決められたら“もう笑うしかない”


それにしても三島由紀夫さんのSFは意外でした
星新一さんや筒井康隆さんの香りがする!?
映画では地球温暖化に変更されていましたが
原作では核時代の人類滅亡について書かれているようなので
原作も読んでみようかな?と思いました。

映画は面白かった…でも
最後まで観ても何を描きたかったのかが理解できず…
原作を読んだ後に映画を観た方が良かったのかも




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2018_08_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.