「いつまた、君と 何時再来」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「いつまた、君と 何時再来」


向井理さんが祖母の卒寿(90歳)の記念に
家族らと自費出版した祖母の手記を、
自ら企画して映画化に奔走、
7年がかりで実現させた映画「いつまた、君と 何時再来」


映画「いつまた、君と 何時再来」.


81歳になった朋子は慣れない手つきでパソコンに向かい、
亡くなった夫・吾郎との想い出を手記にしていたが、
軽い脳卒中で倒れてしまう。
たまたま家にやって来た孫の理が彼女を発見し病院に入院させる。
理は朋子のパソコンのそばに置かれていたノートを見つけて、
彼女の具合がよくなるまでその内容をまとめ始める。
そこには昭和15年に出会って結婚した朋子と吾郎、
子どもたちとの戦中戦後を通じた生活が綴られていて…。



制作年/2017
内容時間/115分

監督/深川栄洋
企画/向井理
脚本/山本むつみ
撮影/石井浩一
音楽/平井真美子

(CAST)
過去の芦村朋子/尾野真千子
芦村吾郎/向井理
現在の芦村真美/岸本加世子
高杉幹夫/駿河太郎
芦村忠/イッセー尾形
芦村理/成田偉心
現在の芦村朋子/野際陽子


向井理さんが主演なので観たのですが
向井さんの祖母の手記を映画化したんですね。

戦中戦後を必死に生き抜いた夫婦の物語
戦中戦後の混乱期が描かれているので
その当時の人々の苦労が伝わってきました

朋子役の尾野真千子さん
ナイスキャスティングでした!
辛く苦しい時代を懸命に生きる朋子を
明るくカラッと演じていた尾野さん
本当に嵌まり役でしたね。


満州引き揚げ者だった母の話を
もっとちゃんと聞いておけばよかったなと
映画を観ながらひしひしと感じていました
小さかった母がどうやって日本に帰って来たのか
時々話してはくれましたが
いつでも聞けるからと聞き流してしまった…
今話を聞きたいと思っても
もう聞くことはできない…
「いつまた、君と 何時再来」を観たことで
母との話を少しだけど思い出すことが出来ました
映画化してくれた向井さんに感謝 m(__)m



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2018_08_15


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.