「チュベローズで待ってる」



加藤シゲアキさんの「チュベローズで待っている」


「チュベローズで待ってる AGE22」
2015年秋、僕はホストにスカウトされた―。
歌舞伎町の夜に交わる男と女のミステリー巨編。
“就活失敗ホスト?
この設定、面白過ぎてパクリたい!!”
~東村アキコ(漫画化)~
「チュベローズで待ってる AGE22」(帯紙より)


チュベローズで待っている AGE22

就活に惨敗し、自暴自棄になる22歳の光太の前に現れた、
関西弁のホスト・雫。
翌年のチャンスにかけ、就活浪人を決めた光太は、
雫に誘われるままにホストクラブ「チュベローズ」の一員となる。
人並み外れた磁力を持つ雫、
新入りなのに続々と指名をモノにしている同僚の亜夢、
ホストたちから「パパ」と呼ばれる異形のオーナー・水谷。
そして光太に深い関心を寄せるアラフォーの女性客・美津子。
ひとときも同じ形を留めない人間関係のうねりに翻弄される光太を、
思いがけない悲劇が襲う―。



「チュベローズで待ってる AGE32」
「君の意志なんかどこにもないんだよ」
2025年夏、ゲームの主人公は僕じゃなかった―。
すべてを覆す愛と衝撃のラストシーンに驚嘆
“目まぐるしく変化する物語に引き込まれ最後まで夢中で読んだ。
刺激的で危険な感覚と優しさがたまらなかった。”
~又吉直樹(芸人・作家)~
「チュベローズで待ってる AGE32」(帯紙より)


チュベローズで待っている AGE32

2025年。ゲーム会社に就職した光太は、
気鋭のクリエイターとして活躍しながらも、
心に大きな喪失感を抱えていた。
そんな彼の前に、再び現れたチュベローズの面々。
折しも、不気味な女子高生連続失踪事件が世間を騒がせ、
光太が心血をそそぐプロジェクトは大きな壁にぶつかろうとしていた。
停滞した時間が一気に動き出そうとするなか、
否応なしに過去と向き合った末に、
光太がたどりついた10年前の恐ろしくも哀しい真実とは―。



『現役アイドルにして、小説家。
唯一無二の肩書を持つ加藤シゲアキが満を持して放つ
上下巻500ページの大長編が緊急発売!』

本書は昨年末に発売されていたようですが
…私、発売されたこと知らなくて^_^;

いつも覗かせて頂いている読書ブログのブロガーさんが
「チュベローズで待っている」を紹介されていて大興奮♡
実は私、加藤シゲアキさんの本は全て読んでしまうほど
作家・加藤シゲアキさんのファンなんです(^^)
アイドルではなく作家業に集中してもらいたいほど!?
(『NEWS』ファンの皆さんスミマセン^_^;)
ちなみにNEWSが歌う日テレのW杯テーマソング『BLUE』
ノリノリの応援ソングで♪オリコン1位でしたね(^_-)-☆

話はチュベローズにもどります。
加藤さんの新作「チュベローズで待っている」
ホント面白かったです!
面白過ぎて「AGE22」「AGE32」続けて読みました!

AGE22の舞台は歌舞伎町のホストクラブ
AGE32ではクリエイタ―として成功した光太の会社
そこで起こった問題解決に奮闘する光太

10年の時の流れが光太を別人のように成長させ
就活失敗でホストになった頃の陰はまるで感じられない
AGE32を読みながらそこに違和感を感じていたのですが
後半の劇的なストーリー展開で、なるほどと納得!
ちゃんとAGE22での伏線があったからこその
AGE32での衝撃の真実!でしたね。
これありなのと思うような設定もありましたが
逆にそこが斬新で発想の凄さに拍手(パチパチ)

加藤さんの作品は『ピンクとグレー』等
複数の作品が映像化されているので
本作も映像化されるといいですね(^_-)-☆



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_07_08


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.