「コンビニ人間」



村田沙耶香さんの「コンビニ人間」


「普通」とは何か?
現代の実存を軽やかに問う衝撃作。
第155回芥川賞受賞。


コンビニ人間


36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。


言葉を失ってしまうほど衝撃的な作品でした
善意(好奇心)という言葉の暴力…
『普通』の押し売り?

物語としてはとても読みやすく
あっという間に読み終えたのですが
シンプルだけどとても深い内容の作品で
村田沙耶香さんの他の作品も是非読んでみたい!
そう思えるほど心に響いた物語でした。



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_05_30


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.