「終わりなき夜に生まれつく」



恩田陸さんの「終りなき夜に生まれつく」


僕たちは、同じ種族だ。
永遠に終わらない夜を
生きていく種族。

のちに何件もの大規模テロ事件を起こし、
犯罪者たちの王として君臨する男、神山。
市民に紛れて生きていた彼を追う
雑誌記者が見たものとは―

強力な特殊能力を持って生まれてきた少年たちは、
いかにして残虐な殺人者となったのか。

『夜の底は柔らかな幻』で凄絶な殺し合いを演じた
男たちの過去が今、明らかになる。
~帯紙より~



終りなき夜に生まれつく


強力な特殊能力を持って生まれ、
少年期を共に過ごした三人の“在色者”。
彼らは別々の道を歩み、
やがて途鎖の山中で再会する。
ひとりは傭兵、ひとりは入国管理官、
そしてもう一人は稀代の犯罪者となって。


『砂の夜』
須藤みつきと軍勇司は
アフリカの紛争地帯で医療ボランティア活動中
ある閉鎖的な部族の集落に悪魔が現れたと言われ?
夜には出て行くとの約束でその集落を訪れたが
砂嵐が来て帰れなくなる・・・

『夜のふたつの貌』
軍勇司がまだ医学部1年生だった頃の話
勇司がボコボコにされた場所に葛城晃が通りがかり
そのことが切っ掛けで勇司は葛城晃に興味を持つ

『夜間飛行』
葛城晃が大学の最終学年を迎えた春休み
御手洗と真壁里子に出会い
入国管理局にスカウトされる
御手洗に誘われキャンプに参加した葛城は
キャンプの最終日にもう一人の参加者・神山と出会い・・・

『終りなき夜に生まれつく』
岩切和男がその男に目を留めたのは
人身事故で電車が止まったせいだった。
何が彼の視線をとどめさせたのか分からない。
が、和男はその男から目が離せなかった
その男(神山)は何者なのか・・・!?


本書「終りなき夜に生まれつく」は
『夜の底は柔らかな幻』に登場した葛城、神山、etcの若かりし頃の物語
『夜の底は柔らかな幻』は、まるでスプラッター映画を観ているようで・・・
出来るだけイメージを控えながら読んだ記憶が^_^;

両作品をこれから読まれる方は
出版順ではなく、時系列順の
「終りなき~」を先に読んで『夜の底は~』へ
の順で読む方が、物語を理解しやすいと思います。が
不気味さが漂う奇抜な面白さを楽しみたいのなら!?
断然出版順がお薦めですよ(^_-)-☆



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_05_15


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.