「命賭け候」



門田泰明さんの「命賭け候」


天下の浮世絵師、
哀しくも切ない出生の秘密とは!?
~『帯紙』より~


命賭け候


生き倒れた女の幼子を引き取った直後、
浮世絵師宗次は手練の侍集団に襲われる。
京から長旅を続けてきたという幼子の正体に関係が?
やがて大坂夏の陣より続く暗殺集団の関わりが明らかになるとき、
事件は宗次出生の秘密にまで発展していく!「命賭け候」。
大店美人お内儀殺しを追う「妖し房」、
血まみれの浮世絵を残す凶賊に挑む「舞之剣」。
衝撃の時代傑作!祥伝社文庫
創刊三十周年記念特別書下ろし作品「くノ一母情」を収録。



「命賭け候」が『浮世絵宗次日月抄』シリーズの第1作目!?
徳間書店から2009年3月に出版されてる!
私が持っている本は、祥伝社2015年11月発売の文庫本なので
「命賭け候」がシリーズの第1作目だとは知らずに読んでいた(>_<)
本書を先に読んでいれば・・・
『皇帝の剣』や『秘剣双ツ竜』での宗次への疑問が一気に解決!
でも謎に満ちた宗次だから良かったのかな?

本書には4つの物語が収録されていますが
表題作の「命賭け候」が一番興味深く面白かったです。
大阪夏の陣まで遡った大胆な解釈にはビックリでしたが
でもこの突飛な発想がよかったです(^^)

それにしても浮世絵宗次の置かれた立場は
悲劇のヒロインならぬ皇子様?
哀しい過去を突き付けられた宗次ですが
書き下ろしの「くノ一母情」で少し救われたかな?

浮世絵宗次日月抄シリーズを順不同で読んでしまったのは
勿体無かったですね・・・^_^;



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_05_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.