「だれかの木琴」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「だれかの木琴」


女性の揺れ動く心理を巧みに表現したラブサスペンス。


だれかの木琴


小夜子は警備機器会社勤務の夫・光太郎と
中学生の娘かんなに囲まれ、何不自由なく暮らしていた。
念願の一戸建てに引っ越したばかりのある日、
彼女は近所の美容室で担当になった美容師、海斗に髪を切ってもらう。
その日のうちに彼からお礼のメールが届き、小夜子は何げなく返信する。
そんなやりとりを繰り返すうちに小夜子の心がざわめき、
日がたたないうちにまた美容院に行ったりと、
彼女は海斗に対して異様に執着するようになる。



制作年/2016
内容時間/112分

監督/東陽一
脚本/東陽一
撮影/辻智彦
編集/東陽一
編集/大重裕二

(CAST)
親海小夜子/常盤貴子
山田海斗/池松壮亮
真藤唯/佐津川愛美
親海光太郎/勝村政信
みゆき(海斗の先輩)/山田真歩
伊古田(海斗の後輩)/岸井ゆきの
親海かんな/木村美言



井上荒野さん原作『だれかの木琴』


だれかの木琴 BOOK

あなたの奥さんが何してるか知ってるんですか?ストーカーですよ。
「またお店でお会いできるのを楽しみにしています」
主婦・小夜子が美容師・海斗から受け取った、一本の営業メール。
そのメールを開いた瞬間から、
小夜子は自分でも理解できない感情に突き動かされ、
海斗への執着をエスカレートさせる。
明らかに常軌を逸していく妻を、夫の光太郎は正視できない。
やがて、小夜子のグロテスクな行動は、
娘や海斗の恋人も巻き込んでゆく―。



原作は未読です。

「だれかの木琴」のタイトルを見て
メルヘンなのかな?と思っていたら
なんとストーカーを題材にしたサスペンス映画でした^_^;
常盤貴子さん演じる主婦・小夜子が
しだいに常軌を逸していく姿が怖い
家まで押しかけつきまとっているのに
異常なことをしているという自覚が無いのよね
だからストーカーなんだろうけど・・・

ラストも意味深な終り方で後味の悪い映画でしたが
エンディングロールに流れた
井上陽水さんの「最後のニュース」が良かったです。




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2018_04_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2018_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.