「WE ARE X」

Category: 映画 > ・洋画  


映画「WE ARE X」


2017年3月に日本で劇場公開された
X JAPANのドキュメンタリーフィルム。

X JAPANのファンの皆さまは
劇場でご覧になったかと思いますが
X JAPAN?と思われる皆さまにも
是非お薦めしたい映画です。
アーティストを扱ったドキュメンタリーとしてはめずらしく
ファンでなくとも何かしら心に余韻が残るのでは!?
秀作です。

観終えた後の感想を言葉では表せないほど
心に直接響く映画でした。


WE ARE X


2017年3月に日本で劇場公開されたX JAPANのドキュメンタリーフィルム。
世界を熱狂させた希代のロックバンドがたどった悲しみと苦しみの歴史。
解散、盟友の死、洗脳、あまりにドラマティックな出来事の数々は
中心人物YOSHIKIの心と体を蝕み、その音楽生命さえも奪い去ろうとした。
そんな状況下からの復活…。
X JAPANはいかにして輝きを取り戻したのか。
マディソン・スクエア・ガーデンの舞台に立つまでの、
バンドの激動の歴史を辿りながら美しい音楽と共に映像は展開していく。
米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した製作陣による、
このドキュメンタリーフィルムは世界中で支持され、
サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞するなど、
これまでに29の国・地域で上映されており、
各国からの上映オファーは今尚絶える事なく続いている。
伝説の中で封印されていた光と影。
これはファンならずとも必見の『人生の物語』である。



原題/We Are X
製作年/2016年
製作国/アメリカ
上映時間/96分

監督/スティーヴン・キジャック
製作/ジョン・バトセック
製作/ダイアン・ベッカー
撮影/ショーン・カービー
撮影/ジョン・マリングワン
編集/マコ・カミツナ
編集/ジョン・マリングワン
音楽/YOSHIKI

出演
YOSHIKI、Toshl、PATA、HEATH、SUGIZO
HIDE、TAIJI
ジーン・シモンズ


『1982年に高校生だったYOSHIKIとToshiによって結成され、
日本のみならず世界にまで活動の場を広げていった「X JAPAN」。
97年に解散し、2007年に再結成をした同バンドの歩んできた道のりは、
メンバーの脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、ToshIの洗脳疑惑騒動など、
過酷な現実の連続でもあった。』

私のX JAPANとの出会いは
映画『ZIPANG』を劇場で観た時
主題歌の「ENDLESS RAIN」に心をわしづかみにされ!?
それがXを好きになるきっかけでした。
(後にXはX JAPANへ改名)
でも映画の内容はまるで憶えていない^_^;

その頃からXのCDを聴くようになり
ハードロックもカッコイイのですが
特にバラードが好きでBEST版を
本当に飽きるほど聴きまくりました

映画ではYOSHIKIの幼少時代から
マディソン・スクエア・ガーデンに立つまでの
X JAPANの軌跡が描かれている
過去の映像がかなり挿入されているので
ファンにとってはお宝映像だらけ!!
YOSHIKIとToshlの幼少時代の写真まで
それにはビックリでした。

HIDEやTAIJIのシーンは
涙で映像が見えなくなるほど(ずっと涙が止まらず)
でも映画になったからこそもう一度見ることができたので
寂しく悲しいけれど、嬉しかった。
YOSHIKIとToshlが語りあうシーンにもジーンときました。

X JAPANのドキュメンタリーフィルムではあるけれど
生きることの辛さや、生き抜くことの大切さが伝わってきました。

今、辛い思いをしている人がいるとしたら
映画を見ることで生きる力を分けてもらえるかもしれない

YOSHIKIの抱えた心の闇
Toshlが洗脳され、その洗脳からの解放
96分という短い時間ではあるけれど
とても濃い内容の映画でした。

やはり言葉では語り尽くせない…
心に直接響いた想いを伝えるのは難しいですね^_^;



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2018_03_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.