「聲の形」

Category: 映画 > ・アニメ  


映画「聲の形」


“週刊少年マガジン”に連載され、数々の賞に輝いた「聲の形」
大今良時さんの人気漫画を京都アニメーションが映画化。


映画 聲の形


“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。
ガキ大将だった小学生の彼は、
転校生の少女、西宮硝子に無邪気な好奇心を覚える。
彼女が来たことを期に、
少年は退屈から解放された日々を手に入れた。
しかし、硝子とのある出来事がきっかけで
将也は周囲から孤立してしまう。
やがて5年の時を経て、
別々の場所で高校生へと成長した将也と硝子。
“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は
硝子のもとを訪れるが…。



制作年/2016
内容時間/130分

監督/山田尚子
脚本/吉田玲子
キャラクターデザイン/西屋太志
美術監督/篠原睦雄
撮影監督/高尾一也
音楽/牛尾憲輔
アニメーション制作/京都アニメーション


(声の出演)
石田将也/入野自由
西宮硝子/早見沙織
西宮結絃/悠木碧
永束友宏/小野賢章
植野直花/金子有希
佐原みよこ/石川由依
川井みき/潘めぐみ



大今良時さん原作漫画『聲の形」全7巻


聲の形 コミック


お前なんかに出会わなきゃよかった。
もう一度、会いたい。
耳の聞こえる少年・石田将也。
耳の聞こえない転校生・西宮硝子。
ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。
やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。
幾年の時を経て、将也は、 もう一度、
硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。



いい映画だとは思いますが
観るのが辛い映画でもありました

…誰もが、少なからず加害者で
気づかないうちに他者を傷つけていることも
誰もが、少なからず被害者で…
他人に傷つけられたことは誰にでもあり

障害があることで苛められた硝子
硝子いじめの中心人物・将也もいじめられ孤立する
硝子と将也をいじめた友だち
いじめを傍観していたクラスメイト
そしてクラス担任や親達…
立場の違いで見方や感じ方は違うと思うのですが
誰もが自分自身の過去と否が応にも向き合うわされてしまう
そして人として超えてはならない一線を
さまざまな場面で見せ付けられます

登場人物達を通して疑似体験することで
自分自身を大切に、そして他者をも大切に
そう生きていくためにはどうしたらいい!?
お互いの気持ちを伝える為にはどうしたらいい?と
今いちど考えるきっかけになるのでは?と思いました。

あらゆる世代の方に観て欲しい映画ですが
特に主人公と同世代の皆さまにお薦めしたいです。




テーマ : アニメ    ジャンル : 映画
 2018_03_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.