「侠客(2)拵屋銀次郎半畳記」



門田泰明さんの「侠客(2)拵屋銀次郎半畳記」


江戸城御金蔵が破壊!?
神君家康公由来の<番打ち小判>が市中に流出、
銀次郎にも魔の刃が!
~『帯紙』より~


「侠客(2)拵屋銀次郎半畳記」


月忌命日代参を控えた大奥大御年寄・絵島の
拵え仕事で銀次郎が受け取った報酬は、
江戸城御金蔵に厳重に蓄えられてきた「番打ち小判」だった。
一方、銀次郎の助手を務める絶世の美女・仙が何者かに拉致。
目撃者の話から、謎の武士・床滑七四郎に不審を覚えた銀次郎は、
無外流の師・笹岡市郎右衛門から、
床滑家にまつわる戦慄の事実を知らされる!!
苛烈なるシリーズ第二弾いよいよ開幕!


2巻で終わりだと勝手に思いこんでいた私…
これはまだまだ続きそうですね^_^;

拵屋銀次郎色が前面に出ている
本書の半ばまでは面白かったのですが
後半になるにつれ侍銀次郎色が強くなってきた
銀次郎このまま侍に戻っちゃうの?
そうなると殺陣の描写が多くなりそうで…
殺陣の描写が多すぎるのは嫌だな…

2巻のラスト頁を読むと
3巻もそのまま侍でいきそうな気配がするので
続きはとても気になりますが
3巻を買うべきかどうか只今思案中です^_^;



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_03_26


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2018_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.