「ゴースト・イン・ザ・シェル」

Category: 映画 > ・洋画  


映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」


士郎正宗さんの漫画『攻殻機動隊』を
押井守監督によりのアニメ映画化され
そのアニメ映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を
ハリウッドで壮大に実写映画化!



映画「ゴースト・イン・ザ・シェル


人間の脳が電脳ネットワークに直接アクセスする技術が発達し、
人々が自身を“義体化”するようになった近未来。
自身も義体化されたキリアン率いる捜査チーム“公安9課”は、
サイバー犯罪やテロ取り締まりに活躍するが、
キリアンは巨大企業ハンカ・ロボティックス社が推し進める
サイバー技術の破壊を狙ったテロ事件の捜査へ。
その中でキリアンは、自分の脳に残された過去の記憶が
現実かどうかを確かめようと挑む。



原題/Ghost In The Shell
制作年/2017
制作国/アメリカ
内容時間/107分

監督/ルパート・サンダーズ
製作総指揮/藤村哲哉
製作総指揮/野間省伸
製作総指揮/石川光久ほか
製作/アヴィ・アラッド
製作/アリ・アラッド
製作/スティーヴン・ポールほか
脚本/アーレン・クルーガー
脚本/ジェイミー・モス
脚本/ウィリアム・ウィーラー
撮影/ジェス・ホール
音楽/クリント・マンセル
音楽/ローン・バルフェ


(CAST)
ミラ・キリアン少佐/草薙素子/スカーレット・ヨハンソン
荒巻大輔/ビートたけし
クゼ/マイケル・カルメン・ピット
バトー/ピルー・アスベック
トグサ/チン・ハン
オウレイ博士/ジュリエット・ビノシュ
ハイリ(素子の母親)/桃井かおり



押井守監督ファンの私としては
「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を
ハリウッドで実写映画化すると聞いた時
まず最初に浮かんだ言葉は『大丈夫なの?』
次に『無理でしょう!』でした^_^;
でも本作「ゴースト・イン・ザ・シェル」は
いい意味で期待を裏切ってくれましたよ(^_-)-☆
マイナスのイメージを観る前から抱いていたので
それが良かったのかも!?
けっこう面白かったです(^_^)v

ただ素子のイメージはちょっと違っていたかな!?
アニメ版での素子のイメージは
弱さや不安定さを微塵も感じさせない
とにかく強くてクール!だったんですよ
実写版では迷いのある不安定な素子
でも設定がミラだからそれもありなのかな!?

ハイリ(素子の母親)を演じた桃井かおりさん
登場シーンは少なかったのですが良かったです
とても印象に残りました。


本作「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観た直後に、
無性に『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』が観たくなり
DVDを持っているので観るのは可能ですが
さすがに観ると夜が明けてしまうので諦めました^_^;




テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2018_03_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.