「メッセージ」

Category: 映画 > ・洋画  



映画「メッセージ」


「ブレードランナー 2049」のD・ヴィルヌーヴ監督の本格SF。
第89回(2016)アカデミー賞音響編集賞


メッセージ MOVIE


宇宙から来た巨大なUFOが世界12カ所に出現し、
米国では米軍のウェバー大佐に言語学者ルイーズと物理学者ドネリーが呼ばれ、
UFO内のエイリアンたちとコミュニケーションを取るよう依頼される。
ルイーズはエイリアンたちとの会話は、当初は困難と思ったが、
書き文字を使ったコミュニケーションができる可能性が浮上してくる。
一方、中国でUFOを攻撃すべきという声が高まるなど、
世界中が緊迫したムードになっていき……。



原題/Arrival
制作年/2016
制作国/アメリカ
内容時間/117分

監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ
製作/ショーン・レヴィ
製作/アーロン・ライダー
製作/デヴィッド・リンドほか
脚本/エリック・ハイセラー
撮影/ブラッドフォード・ヤング
音楽/ヨハン・ヨハンソン


(CAST)
ルイーズ・バンクス/エイミー・アダムス
イアン・ドネリー/ジェレミー・レナー
ウェバー大佐/フォレスト・ウィテカー
ハルペーン/マイケル・スタールバーグ
マークス大尉/マーク・オブライエン
シャン上将/ツィ・マー



途中までは何を描きたいのかが分からず!?
(ルイーズの白昼夢に惑わされてしまった?)
でもラストを観終えた後にこの映画の凄さが
じわじわと伝わってきました。

難解な内容だったからか
観終えた後すぐに、もう一度最初から観たくなりました^_^;


映像もですが、特に脚本と音楽(音響?)が素晴らしく
エイリアンの文字(デザイン)も綺麗でした。

今までのハリウッド映画とは違った“パニック映画?”
いや、どちらかというと哲学的な映画ですね
難解な映画でしたがメッセージはちゃんと伝わりましたよ(^_-)-☆

映画中に引用された、
『人間の世界観や物事の捉え方は、
使用する言語によって規定されるという』
「サピア=ウォーフ仮説」、とても興味深かったです。


地球に宇宙船が!?というと
『コンタクト』や『未知との遭遇』と比べてしまいがちですが
「メッセージ」は今までにない展開に…
派手なSF映画ではなかったのですが
タイトル通りの!?メッセージ性の強い
深みのある映画だったと思います。




テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2018_03_06


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.