「ヒトラーの忘れもの」

Category: 映画 > ・洋画  


映画「ヒトラーの忘れもの」


第2次世界大戦直後のデンマークを舞台に、
同地に埋められた地雷の撤去作業に駆り出された
ドイツの少年兵たちの過酷な運命を静かに見つめ、
数多くの映画賞に輝いた秀作。


ヒトラーの忘れもの


1945年5月、第2次世界大戦の欧州戦線が終結し、
ナチス・ドイツによる5年間の占領から解放されたデンマーク。
しかし同国の海岸線にはドイツ軍が埋めた200万以上にも及ぶ地雷が残され、
捕虜となったドイツ兵たちがその撤去作業に駆り出されることに。
撤去作業を指揮するデンマーク軍のラスムスン軍曹は、
ナチス憎しの一念から、捕虜たちにつらく当たるが、
彼らは皆、まだ10代半ばのあどけない少年兵たちばかりだった…。



原題/Under Sandet
制作年/2015
制作国/デンマーク/ドイツ
内容時間/101分

監督/マーチン・サントフリート
製作/マルテ・グルナート
製作/ミカエル・クリスチャン・リークス
脚本/マーチン・サントフリート
撮影/カミラ・イェルム・クヌーセン
音楽/スーン・マルティン


(CAST)
ラスムスン軍曹/ローラン・ムラ
エベ大尉/ミケル・ボー・フォルスゴー
セバスチャン・シューマン/ルイス・ホフマン
ヘルムート・モアバッハ/ジョエル・バズマン
ヴィルヘルム・ハーン/レオン・サイデル


「ヒトラーの忘れもの」で描かれた史実
膨大な数の地雷撤去という危険な作業を、
同国に連行されたドイツ兵捕虜
(その多くが大戦末期に徴兵された少年兵)が強制された
そのことはデンマーク国内でもほとんど知られていなかった

映画の素晴らしさのひとつは
今まで知らなかったことを
映画を通して知ることが出来ること
この映画の中で描かれた悲惨な史実を
私は知らなかった…
とても辛く残酷な史実を映画を通して知ったことで
戦争の悲劇、愚かさを改めて感じさせられました。

正直辛い映画だったので
観るのが本当にしんどかった…
でもちゃんと最後まで観ました

戦争映画が苦手な私…
映画館では出会えなかった映画なので
ワールドシネマセレクション枠で放送してくれたWOWOWさんに感謝

ちなみに[ワールドシネマセレクション]とは?
『知る人ぞ知る作品で終わらせるには惜しい、
世界各国の秀作を特集形式で紹介する映画枠。』です。

「ヒトラーの忘れもの」、正しく秀作でした。



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2018_02_28


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.