「吉原詣で」



佐伯泰英さんの「吉原詣で」


昨日の花は今日の夢、
今はわが身につまされて…
金座裏が江戸の悪を討つ
大ベストセラーシリーズ大捕物の第28弾!
~『帯紙』より~


吉原詣で


鎌倉河岸の八重桜が花を咲かせた二月、
金座裏の親分・宗五郎と番頭格の八百亀、
酒問屋豊島屋の隠居・清蔵、
呉服屋松坂屋の隠居・松六の四人が、
吉原の三浦屋へ登楼した。
宗五郎の新内節『明烏夢泡雪』まで飛び出し、
楽しい宵を過ごした帰り途、偶然浪人の強盗に出くわした…。
金座裏と北町奉行所定廻り同心の寺坂らが、
己の務めを果たすため、命を賭ける。




久々に読む『鎌倉河岸捕物控』シリーズ
前作27巻の内容を忘れていましたが
28巻ではきっちりその続きから描かれていたので
読んでいるうちに思い出しました(^^)


やっと念願の吉原詣でに繰り出したのはいいけれど
その吉原で過去からの嫌な土産が!?
宗五郎の事をやたらと探っていた隣客は誰なのか?

吉原詣でに行く話は確か前々作から出ていた記憶が…
佐伯さんそんな前から伏線を張っていたの!?
ホント凄すぎです!

吉原土産の事件以外にも大捕り物があるので
金座裏と彦四郎は大活躍でした

政次と彦四郎は冷静沈着で今回もカッコよかったです
その弟分の亮吉はあいかわらず落ち着きがないのよね
でも後半の亮吉は頑張っていましたよ(^_-)-☆

第29弾も楽しみです(^o^)/




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_01_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2018_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.