「天使にショパンの歌声を」

Category: 映画 > ・洋画  


映画「天使にショパンの歌声を」


WOWOWで放送した際、HDDに録画して観ました。

財政難で存続の危機に直面することになった
修道院の音楽学校を舞台に、
廃校をなんとか防ごうと懸命に奮闘する
修道女の教師と女生徒たちの姿を
感動的に綴った音楽ドラマ。
~WOWOWより~



天使にショパンの歌声を


1960年代のカナダ。カトリックの修道院が経営し、
長年音楽教育に力を入れてきた寄宿制の名門女子校が、
財政難によって廃校の危機に直面。
折しもそこへ、校長であるオーギュスティーヌのめいアリスが
新たな生徒として転入。
アリスはピアニストとして一流の腕を持っていたが、
繊細で傷つきやすい心を抱えた問題児だった。
そんな中、オーギュスティーヌは
学校の存続を世間にアピールすべく
音楽イベントの開催を計画するのだが…。




原題/La passion d'Augustine
制作年/2015
制作国/カナダ
内容時間(字幕版)/104分

監督/レア・プール
製作/リズ・ラフォンテーヌ
製作/フランソワ・トランブレ
原案/マリー・ヴィアン
脚本/マリー・ヴィアン
脚本/レア・プール
撮影/ダニエル・ジョバン
音楽/フランソワ・ドンピエール


(CAST)
マザー・オーギュスティーヌ/セリーヌ・ボニアー
アリス・シャンパーニュ/ライサンダー・メナード
シスター・リーズ/ディアーヌ・ラヴァリー
シスター・クロード/ヴァレリー・ブレイズ
シスター・オネジム/ピエレット・ロビタイユ


自然豊かなケベックの修道院が舞台
(ストーリー云々よりも)
ケベックの美しい風景に癒されました。

シスターが雪の中スケートを楽しむシーンが微笑ましい
でも物語が進むにつれそのシスター達の修道院が
財政難等、様々な問題を抱えていていることが…

舞台が、修道院が経営する音楽学校ということで
バッハやモーツアルト他のクラシック音楽が随所に使われ
その音楽が素晴らしかったです。
モーツアルトの『アヴェ・ヴェルム・コルプス』からはじまり
アリスが演奏したショパンの『別れの曲』やリストの『愛の夢』など
数々の名曲を聴くことができ存分に楽しませてもらえました♪
中でもアリスの即興演奏が良かったです♡
でもシスターには不評でしたけどね(^_-)-☆


全般的に控えめな演出で
私が思っていたより地味な内容でしたが
物語としては無理やり感がなく良かったです。



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2018_01_22


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.