「陽炎の門」



葉室麟さんの「陽炎の門」


友を陥れてまで、己は出世を望んだのか?
若き執政が行く道は修羅か、栄達か。
~『帯紙』より~


陽炎の門


職務において冷徹非情、若くして執政の座に昇った桐谷主水。
かつて派閥抗争で親友を裏切り、いまの地位を得たと囁かれている。
三十半ばにして娶った妻・由布は、己の手で介錯した親友の娘だった。
互いに愛情が芽生えはじめた頃、由布の弟・喬之助が仇討ちに現れる。
友の死は己の咎か―。足元はにわかに崩れ、夫婦の安寧も破られていく。
すべての糸口は十年前、主水と親友を別った、ある“事件”にあった。
誰もが一度はあやまちを犯す。人は、そこからどう生きるのか。
峻烈な筆で描き出す、渾身の時代長編。



久々に葉室作品を読みました。
(葉室作品を読むのは2作目)
黒田官兵衛描いた『風渡る』を読んで以来
葉室作品を読んでいなかったのですが
こんなに面白かったっけ!?
本書「陽炎の門」読みだすと止まらず一気読み!
と言いたいところですが…飛行機の中で読んだので
行きと帰りの機内で(約4時間?)読み終えました
…さすがに旅行先では読めず…

本書は時代小説なのですが
桐谷主水が巻き込まれてしまった過去の事件
派閥争いに巻き込まれ友を死に追いやってしまった負い目、等
政治的陰謀を描いているのかと思いきや
ちゃんと恋愛小説にもなっており
そしてミステリーとしても読み応えのある物語でした。

桐谷主水の対極の存在?
もう一人の陰の主人公?早瀬与十郎
ネタバレになるので詳しくは記せませんが
ラストシーンがタイトルになっているのですね!?
そのシーンで与十郎が救われたように感じました。

重たい内容の割に読後は爽やかで、面白かったです。



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_12_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.