「i」



西加奈子さんの「i」


「想うこと」で生まれる
圧倒的な強さと優しさ―
直木賞作家・西加奈子の渾身の「叫び」に
心揺さぶられる傑作長編!

残酷な現実に対抗する力を、
この優しくて強靭な物語が与えてくれました。
―又吉直樹

読み終わった後も、ずっと感動に浸っていました。
なんてすごいんだろう。
この小説は、この世界に絶対に存在しなければならない。
―中村文則
~「帯紙」より~



i


「この世界にアイは存在しません。」
入学式の翌日、数学教師は言った。
ひとりだけ、え、と声を出した。
ワイルド曽田アイ。
その言葉は、アイに衝撃を与え、
彼女の胸に居座り続けることになる、
ある「奇跡」が起こるまでは―。



西加奈子さんの物語を読む度感じること
心がざわざわして時には痛くなることも…
でもラストに何かしら仕掛けがあるので
我慢して?最後まで読み進めるしかないのよね
途中で読むのを諦めたら辛さしか残らない…


本書「i」あまりにも深すぎる内容だったので
感想をまとめることができない(>_<)
ただ終盤を読みながら涙が溢れて止まらず
でも溜まっていた辛さの澱を
涙がすべて洗い流してくれました


西さんはラストの救いを描く為
長く辛い物語を描いているのかしら?
本書ではそれが際立っていたように思います
なので、やはり辛くてもラストまで読まないとダメ!
そう言う意味でも期待を裏切らなかったですね


本書「i」は私が読んだ西作品の中では一番でした!
とは言ってもまだ5作品しか読んでいませんが…^_^;



追記
東方神起の東京ドームライブ参戦の為
来週から一週間東京へ行きます。
旅先ではブログをUP出来ないので
帰ってくるまで(ブログ)お休みしますね(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_11_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.