「封印再度」



森博嗣さんの「封印再度」


不可解な死と家宝の関係は?
「天地の瓢」「無我の匣」。
香山家に伝わる2つの宝と死の秘密とは


封印再度


50年前、日本画家・香山風采は息子・林水に
家宝「天地の瓢」と「無我の匣」を残して密室の中で謎の死をとげた。
不思議な言い伝えのある家宝と風采の死の秘密は、
現在にいたるまで誰にも解かれていない。
そして今度は、林水が死体となって発見された。
二つの死と家宝の謎に人気の犀川・西之園コンビが迫る。



本書は、S&Mシリーズの第5作です。

「封印再度」を読んだ後の感想というのか…
エイプリルフールのエピソードのインパクトが強すぎ!?
毎回そうですが、今回は特に
犀川先生、萌絵に振り回されっぱなしでしたね
犀川と萌絵のその後がとても気になります。


今回は自然現象での密室のトリック!?
そして「天地の瓢」と「無我の匣」の謎解きも
無理やりなところが逆に面白かったです
そんなのあり?って思ったけれど
森ワールドなので許容範囲ということで(^_^)v


図書館で予約していた『四季』シリーズが届きました!
時間が無いけれど…でも読むぞー!!
『四季・秋』を読むのががホント楽しみ~♪
でも順序よく夏から読みたいと思っています。
なのでS&Mシリーズがまたまた後回しに…^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_11_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.