映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」


TV番組「料理の鉄人」を演出した田中経一さんの小説を
「北の桜守」の滝田洋二郎監督が映画化。


ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~


依頼人の“人生最後に食べたい料理”を再現して
高額の報酬を得る、通称“最期の料理人”佐々木充。
彼はすべての味を記憶して再現できる絶対味覚を持っていた。
彼は自らの才能を頼りに起業するが、
その経営に失敗し、多額の借金を背負ってしまう。
そんな彼は、中国人の楊と名乗る人物から、
かつて満州国で日本人の料理人・山形が考案した
伝説のフルコース“大日本帝国食菜全席”のレシピを
捜し出し、再現してほしいと依頼される。


制作年/2017
内容時間/126分

監督/滝田洋二郎
企画/秋元康
脚本/林民夫
撮影監督/浜田毅
撮影/大嶋良教
音楽/菅野祐悟

(CAST)
佐々木充/二宮和也
山形直太朗/西島秀俊
柳沢健/綾野剛
山形千鶴/宮崎あおい
鎌田正太郎/西畑大吾
三宅太蔵/竹野内豊
楊晴明/笈田ヨシ


ドラマ『天皇の料理番』のようなストーリーなのかな?
そう決めつけて「ラストレシピ」を観たのですが
全然違う内容でしたね…^^;

「料理映画」というよりは近代史ミステリー?
二宮和也さん演じる佐々木が依頼されたのは
1930年頃に作られた“大日本帝国食菜全席”のレシピ捜し
佐々木のレシピ捜しで語られる満州での話に
西島さん演じるレシピを作った料理人・山形が登場する
前半は回想シーンが主なので
途中までは山形が主人公なのかな?
そう思ってしまうほど山形のシーンが多い
ニノ主役じゃなかったのね…と思っていたら
私としては珍しくラストの仕掛けに?気づいてしまった
というか最初からそう感じながら観ていたので
“やはり思った通りだ!”と(^_^)v
でもその展開の仕方、見せ方はお見事!
結果は知っていてもトリックは分からなかったので
エンディングロールも含め最後まで存分に楽しめました
面白かったです。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_02_18




映画「アズミ・ハルコは行方不明」


山内マリコさんの同名小説を
TVドラマ「バイプレイヤーズ」の松居大悟監督が映画化。


「アズミ・ハルコは行方不明」


ある地方都市に住む春子は独身で恋人なしの27歳。
実家で両親や祖母と暮らす彼女は、
祖母の介護でストレスがたまる母のために息苦しさを感じ、
会社に行けば社長と専務にセクハラばかりの
憂鬱な日々を過ごしていたが、ある日突然失跡してしまう…。
一方、20歳の愛菜は成人式の会場で同級生のユキオと再会。
2人は同じく同級生の学と再会し、失跡した春子の写真を使った
グラフィティーアートにのめり込んでいくのだが…。


制作年/2016
内容時間/101分

監督/松居大悟
脚本/瀬戸山美咲
撮影/塩谷大樹
音楽/環ROY
主題歌/チャットモンチー「消えない星」

(CAST)
成人後の安曇春子/蒼井優
木南愛菜/高畑充希
富樫ユキオ/太賀
三橋学/葉山奨之
曽我雄二/石崎ひゅーい
警官・沢井/加瀬亮


原作は未読です。
映画は1度観ただけでは
時系列が入り乱れている上
かなりのスピードで場面が変わり
何を描いているのかがまるで分からず…
ストーリー確認のためもう1度観る羽目に
なので2度続けて観ました

蒼井優さんと高畑充希さんが出演しているので
結構期待して観た映画です
蒼井さんの脱力した演技と
高畑さんのハイテンション演技のコントラストがいい!
二人とも上手いですね!
そんな二人の素晴らしい演技を見ても理解出来ずに
物語に置いてけぼりにされた私…

2度観たことで少しは内容を理解出来た!?
…いや詳細はまだ理解出来ていないかな^^;

ラストの春子の爽やかな笑顔がよかったです♡



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_02_14




映画「ポリーナ、私を踊る」


仏バンドデシネ界の期待の新鋭B・ヴィヴェスが2011年に発表し、
BD書店賞とACBD批評グランプリに輝いた
人気グラフィックノベルを実写映画化。


「ポリーナ、私を踊る」


4歳からバレエを始め、
名門ボリショイ・バレエ団への入団を夢見るロシア人少女のポリーナ。
貧しい家庭環境に育ちながらも、
バレエに対する情熱は人一倍強い彼女は懸命に練習に励み、
憧れのボリショイ・バレエ団へのオーディションに無事合格。
ところが、入団の直前にコンテンポラリーダンスと出会い、
大きく目を見開かされた彼女は、両親の反対を押し切って、
南仏にあるコンテンポラリーダンスカンパニーに行くことを決意する。


原題/Polina, danser sa vie
制作年/2016
制作国/フランス
内容時間/109分

監督/ヴァレリー・ミュラー
監督/アンジュラン・プレルジョカージュ
製作/ディディエ・クレスト
製作/ギャエル・ベッシエール
脚本/ヴァレリー・ミュラー
撮影/ジョルジュ・ルシャプトワ
音楽/79D

(CAST)
ポリーナ/アナスタシア・シェフツォワ
アドリアン/ニールス・シュナイダー
カール/ジェレミー・ベランガール
アントン/ミグレン・ミルチェフ
リリア・エルサジ/ジュリエット・ビノシュ


クラシックバレエのお話かな?と思って観たのですが
私が想像していた内容とは少々違っていました…^^;
でもダンスシーンは丁寧に描かれていたので
最後まで興味深く観ることが出来ました


主人公のポリーナがせっかく受かったボリショイ・バレエ団を
どうしてあんなにも簡単にけってしまったのか…
そのあたりのポリーナの心境の変化が分かりづらかった
コンテンポラリーにチャレンジするため
彼と一緒にフランスへ行くのですが
バレエのためというよりは彼と離れたくなかったのかな?と
“えっ!ラブロマンスなの?”…そう見えてしまい
バレエを期待して観た私としては肩透かし?

ラストのダンスシーンがとても素晴らしかっただけに
そこに至るまでのポリーナの強い思いを
もう少し掘り下げて描いていたらと…
ちょっともったいなかったです

『リトルダンサー』のような作品を期待していたので
…期待しすぎたのかな?
でもバレエダンサーの踊りはとても素晴らしかったです(^^)



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2019_02_13




映画「チェンジリング(2008) 」

C・イーストウッド監督がA・ジョリーを主演で
実話を元に映画化したヒューマンサスペンス!


チェンジリング(2008)


1928年、LA。9歳の息子ウォルターをひたむきに育ててきた
シングルマザーのクリスティンだがある日、
ウォルターは不意に姿を消してしまう。
5カ月後、息子が別の土地で生きて発見されたとの朗報が届き、
クリスティンは喜び勇んで再会の場に向かうが、
報道陣が大勢集まる中、警察が連れてきた少年は見知らぬ別人だった。
彼は私の息子じゃないとクリスティンは必死に言い張るが
警察は決して自らの非を認めようとせず…。


原題/「Changeling」
制作年/2008
制作国/アメリカ
内容時間/142分

監督/クリント・イーストウッド
製作/クリント・イーストウッド
製作/ロン・ハワード
製作/ブライアン・グレイザーほか
脚本/J・マイケル・ストラジンスキー
撮影/トム・スターン
音楽/クリント・イーストウッド

(CAST)
クリスティン・コリンズ/アンジェリーナ・ジョリー
グスタヴ・ブリーグレブ牧師/ジョン・マルコヴィッチ
J・J・ジョーンズ警部/ジェフリー・ドノヴァン
ジェームズ・E・デーヴィス警察本部長/コルム・フィオーレ
ゴードン・ノースコット/ジェイソン・バトラー・ハーナー


1920年代のロサンゼルスで実際に発生した
ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元に映画化
事件についてネットで検索してみましたが
映画では描かれなかった実際の事件の内容に愕然としました
…(あまりにも凄惨な内容なので描くことが無理だった!?)
本当に残虐で悲惨な事件、そして警察の対応もあまりにも酷い
A・ジョリー演じるクリスティン・コリンズが
その横暴な警察や精神病院に立ち向かう姿には
映画を物語として見ている時は拍手喝采でしたが
エンディングで実際に起きた事件だと知り
本当に心が痛くクリスティンの気持ちを考えると
涙が溢れ出て止まりませんでした

C・イーストウッド監督作品はどの作品も凄いのですが
本作も心に重く響いた凄い作品でした。秀作です。



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2019_02_09




映画「サバイバル・ファミリー」


矢口史靖監督が原案・脚本を務めたサバイバルドラマ

突然の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から
生き残りを懸けて東京脱出を試みる鈴木一家
バラバラな家族がサバイバルを通じて再生する?


サバイバル・ファミリー


東京に暮らす鈴木一家。
頼りない父親の義之と天然な母親の光恵、
無口な息子の賢司と片時もスマホを離さない娘の結衣、
平凡でバラバラのどこにでもいる家族だった。
そんなある日、突然あらゆる電気が使えなくなってしまう。
動力源を無くしてガスも水道も止まり、乾電池すらも使えない。
1週間を過ぎても状況は変わらず、
義之は家族を守るため東京脱出を宣言する。
だが便利な生活に慣れ切った鈴木家のサバイバルは困難を極め…。



制作年/2017
内容時間/117分

監督/矢口史靖
原案/矢口史靖
脚本/矢口史靖
撮影/葛西誉仁
音楽/野村卓史
主題歌/SHANTI「Hard Times Come Again No More」

(CAST)
鈴木義之/小日向文世
鈴木光恵/深津絵里
鈴木賢司/泉澤祐希
鈴木結衣/葵わかな
斎藤敏夫/時任三郎
斎藤静子/藤原紀香
斎藤涼介/大野拓朗
斎藤翔平/志尊淳
佐々木重臣 /柄本明
田中善一/大地康雄
古田富子/渡辺えり


「サバイバルファミリー」を観ながら
本当に電気が消滅したらどうする?
実際、台風での停電は毎年ありますし
たった1日の停電でも本当に困ってしまう…

映画はバラバラだった鈴木家の4人が
サバイバルを通して絆を深め成長していく物語ですが
頼る田舎のない私は都会の脱出の時点でサバイバル脱落?

とても面白い映画でしたが
色々なことを考えさせられました。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_02_08




01  « 2019_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.