西加奈子さんの「i」


「想うこと」で生まれる
圧倒的な強さと優しさ―
直木賞作家・西加奈子の渾身の「叫び」に
心揺さぶられる傑作長編!

残酷な現実に対抗する力を、
この優しくて強靭な物語が与えてくれました。
―又吉直樹

読み終わった後も、ずっと感動に浸っていました。
なんてすごいんだろう。
この小説は、この世界に絶対に存在しなければならない。
―中村文則
~「帯紙」より~



i


「この世界にアイは存在しません。」
入学式の翌日、数学教師は言った。
ひとりだけ、え、と声を出した。
ワイルド曽田アイ。
その言葉は、アイに衝撃を与え、
彼女の胸に居座り続けることになる、
ある「奇跡」が起こるまでは―。



西加奈子さんの物語を読む度感じること
心がざわざわして時には痛くなることも…
でもラストに何かしら仕掛けがあるので
我慢して?最後まで読み進めるしかないのよね
途中で読むのを諦めたら辛さしか残らない…


本書「i」あまりにも深すぎる内容だったので
感想をまとめることができない(>_<)
ただ終盤を読みながら涙が溢れて止まらず
でも溜まっていた辛さの澱を
涙がすべて洗い流してくれました


西さんはラストの救いを描く為
長く辛い物語を描いているのかしら?
本書ではそれが際立っていたように思います
なので、やはり辛くてもラストまで読まないとダメ!
そう言う意味でも期待を裏切らなかったですね


本書「i」は私が読んだ西作品の中では一番でした!
とは言ってもまだ5作品しか読んでいませんが…^_^;



追記
東方神起の東京ドームライブ参戦の為
来週から一週間東京へ行きます。
旅先ではブログをUP出来ないので
帰ってくるまで(ブログ)お休みしますね(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_11_19




森博嗣さんの「四季 冬」


すべての時代を
すべての歴史を、彼女は
通り抜けた、あっという間に



四季・冬


「それでも、人は、類型の中に夢を見ることが可能です」
四季はそう言った。
生も死も、時間という概念をも自らの中で解体し再構築し、
新たな価値を与える彼女。
超然とありつづけながら、成熟する天才の内面を、
ある殺人事件を通して描く。
作者の一つの到達点であり新たな作品世界の入口ともなる、
四部作完結編。



四季シリーズの完結編「冬」
この作品はS&MとVシリーズを読んだ後でないと
難解すぎて!?楽しむことが出来ないかも?

謎かけのようなストーリー展開
時には散文のような表現もあり
一度読んだだけでは理解できず
もう一度最初に戻り読みなおそうかと思ったほど…
パラパラ捲っただけで、さすがに読みませんでしたが^_^;


犀川への四季の思いは?
萌絵への四季のこだわりは?
四季と瀬在丸紅子との関わりは?

「冬」は、過去だけではなく未来へも繋がっている!?

Wシリーズの『青白く輝く月を見たか? 』のみ読んだだけですが
ウォーカロンの登場で、四季『冬』がスタートラインなのかな?と
しばらくは未来へ続く四季を追いかけることになりそうです。


とりあえず未読のS&Mシリーズを読んだ後
G、Xシリーズへ行くつもりなので
Wまでは程遠いですね…^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_11_14




森博嗣さんの「四季 秋」


犀川助教授と西之園萌絵。
四季と再びの邂逅を試みる。
四季が残したメッセージは、何を示す?



四季 秋

妃真加島で再び起きた殺人事件。
その後、姿を消した四季を人は様々に噂した。
現場に居合わせた西之園萌絵は、
不在の四季の存在を、意識せずにはいられなかった…。
犀川助教授が読み解いたメッセージに導かれ、
二人は今一度、彼女との接触を試みる。
四季の知られざる一面を鮮やかに描く、感動の第三弾。



四季シリーズ三作目「四季・秋」
やっと読むことが出来ました♡

物語は『すべてがFになる』の4年後からスタート
なのでS&Mシリーズの主要人物が登場し
その上、Vシリーズも結合したのかと思うほどの
豪華キャストですごく楽しめました。

四季本人の登場シーンは少なめでしたが
S&MとVシリーズを全巻読んだ方への
まるでご褒美?のような内容でした。
私はS&Mシリーズをまだ全部は読んでいないので
ご褒美半分頂けたかな?

本書での主人公は四季ではなく萌絵
萌絵がやっと犀川の母親にご挨拶に行く!?
私にとってもメインイベントでしたが
犀川が萌絵ひとりで行かせたのが少々残念
親子の再会を期待していたので…
でも今の犀川のイメージでは仕方ないかな…と


さまざまな要素で楽しませてもらえる森作品ですが

S&Mシリーズ全巻を読み終えていないのに
『すべてがFになる』をまた読みたくなってしまった…

いつになったら森博嗣サークルから抜け出せるのよー!




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_11_13




森博嗣さんの「四季 夏」


四季、13歳。
あの夏、あの島で何が起こったのか?
孤島の事件、その真相を描く「四季」4部作、第2弾。



四季 夏

十三歳。四季はプリンストン大学でマスタの称号を得、
MITで博士号も取得し真の天才と讃えられた。
青い瞳に知性を湛えた美しい少女に成長した彼女は、
叔父・新藤清二と出掛けた遊園地で何者かに誘拐される。
彼女が望んだもの、望んだこととは?
孤島の研究所で起こった殺人事件の真相が明かされる第二弾。



『すべてがFになる』を先に読んでいたので
本書の衝撃的な結末はすでに知っていました。
なので衝撃的なエピソードよりも
どちらかと言うと瀬在丸紅子の登場が気になる!?


四季シリーズでは
SMシリーズやVシリーズの面々があちらこちらに登場しており
抜けていたパズルを組み立てているような気分になれ
かなり楽しませてもらえました(^^)

大きくなったへっ君はお父さんと住んでいるようだな!?とか
一人になってしまって紅子は寂しくないのかな?とか
各務亜樹良と保呂草潤平の関係は?とか
四季以外の登場人物でもかなり楽しめました(^_-)-☆

秋と冬を読むのが今から楽しみです。


追記?
最近PCの調子があまりよくなくて
完全に止まってしまう前に
修理に出した方がいいかな?と思案中…

とりあえず今回はブログをUPできよかったです^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_11_09




森博嗣さんの「封印再度」


不可解な死と家宝の関係は?
「天地の瓢」「無我の匣」。
香山家に伝わる2つの宝と死の秘密とは


封印再度


50年前、日本画家・香山風采は息子・林水に
家宝「天地の瓢」と「無我の匣」を残して密室の中で謎の死をとげた。
不思議な言い伝えのある家宝と風采の死の秘密は、
現在にいたるまで誰にも解かれていない。
そして今度は、林水が死体となって発見された。
二つの死と家宝の謎に人気の犀川・西之園コンビが迫る。



本書は、S&Mシリーズの第5作です。

「封印再度」を読んだ後の感想というのか…
エイプリルフールのエピソードのインパクトが強すぎ!?
毎回そうですが、今回は特に
犀川先生、萌絵に振り回されっぱなしでしたね
犀川と萌絵のその後がとても気になります。


今回は自然現象での密室のトリック!?
そして「天地の瓢」と「無我の匣」の謎解きも
無理やりなところが逆に面白かったです
そんなのあり?って思ったけれど
森ワールドなので許容範囲ということで(^_^)v


図書館で予約していた『四季』シリーズが届きました!
時間が無いけれど…でも読むぞー!!
『四季・秋』を読むのががホント楽しみ~♪
でも順序よく夏から読みたいと思っています。
なのでS&Mシリーズがまたまた後回しに…^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_11_07




10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QR




PAGE
TOP.